いぶきの見解

高等学校の必修科目未履修問題へのご意見について

法律に基づき文部科学省が定めた、指導要領どおりの授業をしていない高等学校(それを管理している都道府県教育委員会。 私立を管理している知事)の学生さんの救済をどうするかについて、賛否両論の様々なご意見を頂きました。

私は110万人余の高校3年生のうち90%以上の高校生、即ち「ルールを護った正直者が馬鹿をみない」ことを基本にしたいと 考えていました。その原点を貫ぬきつつも、未履修校の高校生(全国で約8万人強)には何の過失もないので、この人達にも何とか 現実的措置を・・・と考え、文部科学省としては、既に報道されているような処理を決定しました。

当然、各々の立場で賛否両論のご批判は受けると思いつつも、現実を預かっている責任者として、双方の言い分が100%両立する ことはないと思い判断したものです。

夏目漱石の草枕の一節「理に働けば角がたつ、情に棹させば流される」を改めてかみしめています。

2006年11月4日

伊吹文明

伊吹文明 顔写真

事務所のご案内

【京都事務所】
郵便番号600-8008
京都府京都市下京区四条通
東洞院角フコク生命ビル3階
電話番号:075-211-1717
【国会事務所】
郵便番号100-8982
東京都千代田区永田町2丁目1-2
衆議院第二議員会館615号室
電話番号:03-3508-7615